ドメインエイジーどめいんえいじ
文字通り、ドメインの年齢のこと。
例えば、”douiwm.com”というドメインがあったとして、そのドメインが新規に取得されたのが2010年1月1日だとすれば、ドメインエイジは2014年1月1日で丸4年、48ヶ月ということになり、ここから5年目に向かうことになる。
ドメインエイジは長い方がドメインパワーは強いとされており、SEO的にも好影響を及ぼすとされている。個人的にもそれは実感している。
中古ドメインを取得する際は、2004年以前のものでなるべく古いものを、と意識すると良いが、実際はより競争が激しくなり、取得は簡単ではない状況ではある。
そういう状況ということもあり、ドメインエイジについては2004年以前のものを意識しつつ、それ以降のものもバランスよく取得することを心がけると吉。

ドメインパワーーどめいんぱわー
そのドメインが持っている「力」。
「力」という表現はいかにも抽象的であるが、最もしっくり来るとも思っている。

単純に「SEOに強い」といえば良いと思う方もいらっしゃるかもしれないが、
「ドメインパワーが強い=上位表示できる」ではない。
ここが(Googleの)SEOの面白いところでもあり面倒くさいところである。上位表示には、ドメインパワー以外の要素も小さからず影響してくる。
ただし、被リンク元専用のサイトとしては、このドメインパワーが力を発揮する。