怖いペンギン

前所有者時代のペナルティーを引き継ぐリスク

こんな中古ドメインを手にしないという保証はどこにもありません。
もちろん、これは取得を検討している中古ドメインの履歴とリンク元を調べればある程度は回避できます。

しかし、リンク元のリンク元までは調べている時間はありませんし、
そこまでする必要はないのかなと思っています。

こういう「諦め」というリスクを前提に中古ドメインを取得していく必要があるでしょう。

自作自演によるGoogleからのペナルティーのリスク

これは、中古ドメイン自体が問題ではなく、取得後の使い方の問題になりますね。

もちろん、これは、法に触れるとかそういう話ではなく、
単に、Googleが自作自演リンク嫌いなだけです。

具体的には、ペンギンアップデートのペナルティですよね。

SEOアナリスト達は、こういうのを馬鹿にしてペナルティーを受けたら,
「ザマー」みたいなこといっていますが(有名どころは殆どこんなスタンスですよね)、
あれは、学者とビジネスマンとの違いと似ているんじゃないかと思っています。

とあるアフィリエイターは、元SEOアナリストでした。
その人は、SEOアナリスト脳からアフィリエイター脳への転換が大変だった
とおっしゃっていました。

学者によくいるタイプは、自分の考えに凝り固まっていて、
現実的でないし実践的でない。浮世離れしているんじゃないかと。

ビジネスマンは、現実見つめないと儲けられませんから、
出来る範囲でやれることはやっていく。ですから、自作自演も「うまく」やっていく。

自作自演リンクがペナルティーを受けることは、皆さんご存知です。
そのリスクを承知の上で中古ドメインでサテライトサイトを構築しているのです。

ですから、バレれば、自分が悪かった未熟だったと認めることができます。
非常に現実的だと思います。

時間を経ると、ドメインパワーを失っていく可能性があるリスク

これは、二通りあります。

一つは、Googleが、中古ドメインの所有者がリセットされたら、
ドメインパワーもリセットするとした場合です。

他のページでもいっていますが、これって、
Googleが一応公式にアナウンスしていたと思います。

ソースは探せばあると思いますが、探していません。現時点では、あまり興味ないからです。

なぜなら、リセットからドメインパワーを失ったと実感したことがないからです。

ただ、今後はありうることだと思いますよ。
そういったアルゴリズムを実装する可能性は十分あります。
そこは、リスクですよね。

他方、そんなことできるのか?という疑念もあります。

もう一つは、中古ドメインのリンク元管理人が、リンクを削除する場合です。
暫く放っておいたら、わけの分からないサイトにリンクが貼られたとなると、削除するでしょう。

これは、私でもそうするので、仕方がないことです。
リンク元管理人は責められません。不可抗力ですね。

これも中古ドメインを利用するリスクですよね。