パワーと信頼のバランス

アフィリエイトサイトというのは、そこで商売をするわけですから、サテライトサイトとはその存在意義が違います、というより、求められているものが違います。中古ドメインは、大なり小なりリスクがありますからね、選ぶ基準も違うのではないかというのが、私の考え方なのですね。

そもそもなぜアフィリサイトでオールドドメインを使うのか

そもそも、なぜアフィリエイトサイトで中古ドメインを使うのか。リスクがあるなら止めておけばいいのではないか、というのがあります。
新規でメインであれば、そんなリスクを考えなくてもいいですし、手持ちの空いているドメインを使えばいいかもしれません。

しかし、他でも触れていますが、新規で取得したドメインはエイジフィルタというフィルタに掛かってしまい、立ち上げから3ヶ月~半年程度は順位が上がってこないというものがあります。この「時間」というものはですね、結構もどかしいし、「要らない時間」だとも思います。
必要な時間ではないのではないかと思います。

この要らない時間をなくしてくれるのが中古ドメインなんですね。中古ドメインだと、タイミング・ドメインパワー・制作経過にもよりますが、ある程度完成してからは、早ければ数日でインデックス、順位上昇の軌道に乗るまでで半月程度要すれば可能になってきます。

この時間の差は大きいです。

ですから、敢えて中古ドメインをアフィリエイトサイトで使用する意義というものが
あるのです。

何を重視して、どこを見て探している?

では、私は、どのような基準でアフィリエイトサイト用の中古ドメインを探しているのか。

私の場合、その目的で、販売しているドメインで探しています。結果的に購入したドメインをサテライトに回すとか、自分で探したドメインをアフィリサイトに使用するということもなくはないですが、一応、分けて探しています。

探すポイントは、一言で言えば、前所有者の「色」が比較的薄いドメインです。
具体的に、

  1. ドメインエイジが若い、3年以内に取得されているもの
  2. 被リンク本数がそれほど多くない(ドメイン分散の上限が5つ程度)
  3. 被リンク元のページランクよりもリンクの付け方の質(どこからどういう形で発リンクされているか等)
  4. 被リンクのアンカーテキスト(URLとか「click here」とかが無難)
  5. ページランクは2以下

あたりを基準に探しています。

このように、ドメインパワーよりも、クリーンな、信頼性を重視したバランスで
探しているわけですね。ハードルとしてそれほど高くないですから、私の利用しているショップでも、1日1つは見つけられますし、コストも高くても2千円台、大抵千円台であります。

アフィリサイト用ですから、それほど多くは必要ありません。自分で探すよりも2倍以上の経費はかかりますが、程度的には許容範囲だと思っています。