パンダアップデート-ぱんだあっぷでーと
Google検索エンジンの検索結果アルゴリズムのひとつ。
最初の実施は、2011年初頭。日本語は、2012年の7月から実装。以後、不定期だが、何度かのアップデートを重ねている。
訪問者にとって価値のないサイト、ページを取り締まる機能を持つ。
このアルゴリズムに引っかかると、そのサイトは、検索順位を落としたり、最悪、インデックスを消されることもある。
「訪問者にとって価値のないサイト、ページ」とは、内容が薄い、単なる量産ページ等、解釈が広範だけにきっちり定義付けるには難しいものがあるが、細かくはネット参照されたし。
逆に「質の高い」サイト、ページは検索結果に良い影響を及ぼす。本質的な内的SEOであると言える。


ページランク-ぺーじらんく
Googleが特許を持つウェブサイトページの評価基準算出方法。
分かり易くいえば、ウェブ上に公開されているページの人気投票(サイト単位ではなく、ページ単位で評価)。
人気が高いページとは、重要なページであるという、きわめて単純な理屈ではあるが、その算出ロジックは、きわめて複雑である。
ページランクが高いと言うことは、重要な(権威がある)ページから、たくさんの支持(被リンク)ということであり、その理屈で行けば、ページランクの高いページからリンクを受ければ、そのページはそれ相応の恩恵を受けることになる。
0から10までランクがあるが、1ランク上がるごとにそのページのパワーは(単純計算で)6倍になる。
つまり、ページランク0が「1」だとすれば、ページランク1は「6」、ページランク3は「216」になる。
もっとも、検索結果におけるページランクは、200ぐらいあるアルゴリズムのうちのひとつに過ぎないとされ、事実、あるキーワードでの1位のサイトがページランク2で10位のサイトがページランク4なんててことは腐るほどある。
しかしながら、ページランクの高いページから被リンクを受けることは、検索結果に良い影響を及ぼすことも事実である。

ペンギンアップデート-ぺんぎんあっぷでーと
Google検索エンジンの検索結果アルゴリズムのひとつ。
検索結果を不正に操作して(Googleガイドライン違反を犯して)、検索結果上位表示させたサイトを排除する目的のアルゴリズム。
日本語では、2012年5月から実装されており、以後、1ヶ月に1回程度のアップデートを重ねている。
「検索結果を不正に操作」とは、具体的に言えば、被リンクのことと思って良い。
被リンクを買ったり、自演リンクを行ったり、広い意味では「不自然なリンク」は、「検索結果を不正に操作」する行為だとGoogleはアナウンスしている。
そのような行為を行ったサイトは排除される、ろいうことは、軽いものでは、「不自然なリンク」は無効にされたりするが、重いものだと大幅な順位低下yインデックス削除といったペナルティを受けることになる。
思いペナルティだと、リカバリーは困難を極め、ペナルティー解除まで1年以上掛かる場合もある(ソースは管理人)。

ブラックハットSEO-ぶらっくはっとえすいーおー
検索順位を上げるために、不正とされる方法を用い施すSEO手法。
「不正とされる方法」とは、今日的にはGoogleのガイドラインに違反した方法と言って良い。
Google検索エンジンにおいて、検索順位は、Googleなりのロジックに沿って決せられるわけであるが、そのロジックから逸脱したSEO手法は、ガイドライン違反となる。
自演リンクなどはガイドライン違反となり、その被リンクは効果が弱められたり無効になったり、より悪質になると検索順位を落とされたりインデックス削除されたりする。


ホワイトハットSEO-ほわいとはっとえすいーおー
ブラックハットSEOがガイドライン違反であるのと逆に、ホワイトハットSEOは、Googleガイドラインに沿った、適切なSEO手法となる。
被リンクで言えば、他サイトより自然に付けられる被リンクを言う。
もちろん、理想はホワイトハットSEOで順位を上げていくことであるが、現実的にはなかなか難しいものがあるのは皆さんもご承知なところ。
しかしながら、出来うる範囲で理想は追求していくべきだと私も思う。鋭意努力中というべきか・・・
少なくとも、どういうものがホワイトかブラックかは把握しておかなければならないし、ブラックだったらリスクがあることは認識しておかなければならない。