グーグルから手動ペナルティを受けた中古ドメインの取得を回避する方法①

グーグルから手動ペナルティを受けたサイトは回避できるのか
という記事がありまして、アップしてから2か月くらいで
数件ですがお問い合わせを頂きました。

数件かよ、思われるかもしれませんが、
日頃のアクセス数から考えたら、
目立つんですね、これが。

「詳しく教えてほしい」と。

なるほど、結構困っている人多いんだな、という感じです。

そこで、私が実践している方法でいいのなら、ということで、
ここに書いていこうと思います。

別に難しいことはしていない

本サイトの方でもどうしているかは書いているんですが、
どういう手順でということを書いていきます。

これまた本サイトにもある通り、
まったっくもって難しいことはしていません。

悩んでいる方なら、きっと考え付く方法だと思いますし、
もっと効率的だったり確実な方法があるかもしれません。

それでもいいよ、
ということで、極めて単純な、
「グーグルから手動ペナルティを受けた中古ドメインの取得を回避する方法。」
を書いていきます。

それなりに長くなると思うので、
数回に分けて書いていきます。

まずは準備

私、作業するPCには、5つのブラウザを乗っけています。

可能なら何使ってもいいと思いますが、
私は、chromeのアドオンにある、ページランク表示アドオンを利用していますので、
それでお話を進めていきますね。

「Pagerank Stutas」というアドオンです。
chromeのウェブストアで検索すれば出てくるはずなので、
利用できるようにしておいてください。

もちろん、chromeがインストールされていることが前提なので、
まだの人はインストールしておいてください。

pagerankstatus-1

アプリを表示させて「ストア」から。

pagerankstatus-2

「pagerank status」で検索すると、

pagerankstatus-3

ほら、ありました。

pagerankstatus-4
これをインストールして有効化してください。

すると、右上にこんな短いバーが出現すると思います。
これをクリックしてみると、こんなんが出ると思います。

pagerank-status-5

これは、そのときに開いているページのデータです。
グーグルのページだったのでこんな感じでした。

これで、第一段階の準備は完了です。

後は、中古ドメインを検索して
「これにしようかな」という段階で手動ペナルティを調査するんですが、
続きは次回で。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ