ドメインの階層

ドメインにはサブドメインという概念があります。

将来、ホームページを作成して公開しても、
このサブドメインについては関係ない
オーナーさんもいらっしゃると思いますが、
どちらにしても知っておいた方が良いと思いますので、
お話しますね。

初心者の方でも、「これはちょっとわかりづらいなー」
って方もいらっしゃると思います。

現時点ではそれでもいいと思います。

いずれ経験を重ねていけばわかってくると思いますからね。
「ふーん」なんて感じでもいいですよ。

サブドメインって?

サブドメインってどんなドメインのことなんでしょうか?

サブドメインというのは、
例えば、こんなドメインがあるとします。

「arekore.com」

このドメインでサーバー上にサイトをアップすると、
「http://www.arekore.com/」(www.なしでもあり得ます)
という形になると思いますが、この「www.」の部分が
「sub.」とか「subusub.」の部分をサブドメインと呼んだりします。

URLにすると、
「http://sub.arekore.com/」
「http://subsub.arekore.com/」
てな感じになりますね。

サブディレクトリって?

ホームページの作成でいえば、むしろこちらの方が大事だし、
ホームページ構成の際に必要な知識です。

サブドメインと似たような考え方で、
サブディレクトリというものがあります。

「http://www.arekore.com/sub/」
「http://www.arekore.com/subsub/」
同じように、「sub」「subsub」の部分が
サブディレクトリということになります。

いずれも、メインあってのサブであって、メインはあくまでも
「http://www.arekore.com/」であり、

サブドメインもサブディレクトリも、
メインの下層という位置づけになります。
下の図のようなイメージですね。

サブドメインとサブディレクトリのイメージ図

サブディレクトリはどう使う?

サブディレクトリはサイト内でもページ内の
コンテンツの整理に用いるのが一般的です。

例えば、ホームページ内でも、
オーナさんの日記のコーナーがあるとします。

その日記のコンテンツを、”/diary/”なんて感じで
ディレクトリで区切ってあげると、読者さんは、
「ああ、ここはオーナさんの日記コンテンツのカテゴリーだな」
ってわかりますよね?

“http://www.arekore.com/diary/~”という感じであれば、
diary/以下のURLのページは、日記コンテンツということになります。

サブディレクトリって、通常はこんな使い方をしますので、
覚えておいてください。詳しくは、もっと後の方でご説明しますね。

サブドメインとサブディレクトリの同じとこと違うとこ

サブドメインとサブディレクトリ、
同じようなものだとは言えます。

いずれもルートドメイン(「arekore.com」)
の下層ページという位置付け

ということは既にお話しましたが、一応、それぞれの用途はあります。

例えば、Google検索エンジンは、サブドメインは
別個のサイトという認識をしてきますが、

サブディレクトリだと下層ページは
あくまでルートドメインのサイトの一部という扱いをします。

まあ、「違うサイト」というのは
ちょっと誤解を生むかもしれないですね。

「管理者は同じでも、
内容は違うサイト」
というイメージですかね。

Yahoo!JAPANを例にするとイメージしやすいかも

皆さんもよく利用されているであろう
「Yahoo!JAPAN」、サブドメインを語る上で
間違いなく引き合いに出されますが、
本当に良い例なんですね。

Yahoo!JAPANってたくさんのコンテンツがありますが、
カテゴリー毎にサブドメインが使われているんですよね。
良かったら確認してみてください。

これは、先ほどお話した「管理者は同じでも、
「内容は違うサイト」ですよね?
みな同じYahoo!JAPANのコンテンツだけど、
関連はあるといえばあるけどテーマはすべて違う

まさに、サブドメインの使用例として典型例と言えます。

2つの意味のサブドメイン

サブドメインには2通りあると思ってください。

一つは、自分が用意した、独自ドメインのサブドメインです。
一般的にはこっちの方が通用します。

もう一つが、
レンタルサーバーが所有している
ドメインのサブドメインです。

サーバー会社によっては後者の意味で
サブドメインと謳っている場合がありますので、
ちょっと注意が必要ですね。

このサーバー会社所有のサブドメインですが、
殆どの会社で提供してくれます。
数は会社によって違いますが。

ホームページ作成に役立つアイテムを厳選

お名前.comレンタルサーバー

レンタルサーバー

初心者にもおすすめできるレンタルサーバーはこちら「お名前.comレンタルサーバー」です。

管理画面も比較的扱いやすく設定等も同様。サポート体制も万全で、それでいて、価格も何気に安い。

突出している部分はありませんが、トタルバランスに優れたコスパの非常に高いレンタルサーバーだと思いますよ。

お名前.comレンタルサーバー 詳細はこちら >>

SEOに強いホームページテンプレート-賢威

ホームページテンプレート・テーマ
ホームページテンプレート賢威

ワードプレスでホームページを作成するなら、このテンプレートをおすすめします。 リリース以来、1万人以上のユーザーを獲得したベストセラーのホームページテンプレート「賢威」。SEOに強く、レスポンシブウェブデザイン対応です。もちろん、ワードプレスに対応。 テンプレートだけでなく、SEOノウハウのマニュアルと困ったときに役に立つユーザー限定のフォーラムも大好評です。 有料のテンプレートを用意するなら、真っ先に検討すべき商品です。ちなみに当サイトも賢威テーマで作成しています。

ホームページテンプレート「賢威」-詳細はこちら >>

ホームページ作成・ホームページ制作サービス-グーペ

ホームページ作成サービス

飲食店、美容院、ネイルサロンなどのお店だけではなく、塾、事務所、個人事業主、クリエイター、アイドルまで、様々な業種のホームページが簡単にお作りいただけます。 69,000人もの方がグーペを選び利用、独自ドメインがあればレンタルサーバーいらずです。たくさんの業種に合ったテンプレートが利用でき、ホームページ運営にほしいカンタン機能が利用できます!

ホームページ作成サービス「グーペ」 詳細はこちら >>