ドメイン

ドメインとはどんなもの?
ということについてお話しましたので、
もう一歩お話を進めていきましょう。

このページではドメインの種類についてお話しようと思います。

自分でホームページを作成していくに当たって、
ご自身で独自ドメインを取得していくことになりますので、
その際の参考にして頂ければと思います。

トップレベルドメインとは

『「ドメイン」ってなに?』」でお話した件の続きになりますが、

TLDの説明

ドメインとは⓶の部分をいうわけですが、
そのうちの⓷の部分は独自ドメインを取得する場合に
自分で文字列を考えていただく部分です。

つまり、任意で文字列決めていただく部分。

それ以外の部分、
上のイラストでいうところの④の部分ですね。

この部分は、いくつか種類があって、
独自ドメインを取得する際に選んでいただく部分です。

この部分をトップレベルドメイン(TLD)と言います。
イラストですと、”.com”に部分です。

このサイトでいうところの”.site”の部分です。

有名なのは”.com”ですよね。
「ドットコム」だけでも通用しますよね。

このように、TLDはたくさんの種類があり、
独自ドメイン取得時に選ぶことができます。

種類によって取得料が違いますので、
その点は注意が必要ですけど。

TLDの違いとは

このトップレベルドメイン、
それぞれどう違うのでしょうか。

それぞれ違いはあるようですが、
昨今ではその違いにそれほど大きな意味を
持つものではありません。

ただ、”.jp(ジェーピードメイン)”ですが、
これは日本を所在地とする組織ならば取得できる
ドメインですが、

取得料も最も高いです(年間で数千円)。
そういう意味では信頼性は高いドメインと言えます。

繰り返しますが、
昨今ではTDLの種類によってどうこうというのは、
あまり考えなくても良いと思います。

誰もが選ぶようなTDLで良いと思いますよ。

ちなみに、世界で最も取得されているTDLは”.com”です。

日本語ドメインについて

ドメインというものは、
世界的に見れば、英数字なんです。

しかし、日本語ドメインというものも存在します。
このサイトもそうなんですけどね。

上のイラストの⓷の部分、
日本語で表示されるのが日本語ドメイン。

実際は、
“xn--/…”なんて文字列なんですが、
表示は日本語になるんです。

この日本語ドメイン、もちろん、
取得できます。

このページでは日本語ドメインというものもあり
取得は可能ということだけ覚えておいていただければ結構です。

実際に独自ドメイン取得の際は
通常の英数字か日本語かを選択することになりますが、
その辺の考え方もお話していきますので。

ホームページ作成に役立つアイテムを厳選

お名前.comレンタルサーバー

レンタルサーバー

初心者にもおすすめできるレンタルサーバーはこちら「お名前.comレンタルサーバー」です。

管理画面も比較的扱いやすく設定等も同様。サポート体制も万全で、それでいて、価格も何気に安い。

突出している部分はありませんが、トタルバランスに優れたコスパの非常に高いレンタルサーバーだと思いますよ。

お名前.comレンタルサーバー 詳細はこちら >>

SEOに強いホームページテンプレート-賢威

ホームページテンプレート・テーマ
ホームページテンプレート賢威

ワードプレスでホームページを作成するなら、このテンプレートをおすすめします。 リリース以来、1万人以上のユーザーを獲得したベストセラーのホームページテンプレート「賢威」。SEOに強く、レスポンシブウェブデザイン対応です。もちろん、ワードプレスに対応。 テンプレートだけでなく、SEOノウハウのマニュアルと困ったときに役に立つユーザー限定のフォーラムも大好評です。 有料のテンプレートを用意するなら、真っ先に検討すべき商品です。ちなみに当サイトも賢威テーマで作成しています。

ホームページテンプレート「賢威」-詳細はこちら >>

ホームページ作成・ホームページ制作サービス-グーペ

ホームページ作成サービス

飲食店、美容院、ネイルサロンなどのお店だけではなく、塾、事務所、個人事業主、クリエイター、アイドルまで、様々な業種のホームページが簡単にお作りいただけます。 69,000人もの方がグーペを選び利用、独自ドメインがあればレンタルサーバーいらずです。たくさんの業種に合ったテンプレートが利用でき、ホームページ運営にほしいカンタン機能が利用できます!

ホームページ作成サービス「グーペ」 詳細はこちら >>